何でもマガジン
11月
20
2015
0

任意売却で少しでも住宅ローン完済に近づける!

住宅ローンはもちろん完済しなければ契約を破ったことになります。債務者が返済を滞らせていると複数回の督促がきますが、それでも無視すれば強制措置となるのが普通です。住宅ローンの強制措置といえば担保に設定した不動産のオークション売買です。しかし、このオークションは短期間で売却することを目的としているので、相場は一般的なものよりも低くなってしまいます。そうなると住宅ローンに多くを充てられず、完済までが遠くなるのです。

それを防ぐ方法がhttp://www.ninbai-support.jp/のページにあります。「任意売却サポート」という不動産販売業者のサイトです。任意売却は担保に設定した不動産をオークションで売買するよりも先に自分で売買してしまおうというものです。オークションよりも高い相場で売れるので、残った住宅ローンに充てられる分も多くなります。最終的な完済のしやすさが全然違ってくるでしょうね。

任意売却は素人が簡単にできることではありませんが、このサイトなら不動産販売のノウハウを知り尽くしているので、うまくサポートしてくれることと思います。住宅ローンの返済に困って心理的に追い詰められている方も珍しくないと思いますが、そういったときにこそ落ち着いて適切な対処をしなければいけません。

Written by admin in: サービス |
12月
24
2013
0

不動産売却はネットでできる!

今まで住んでいた家(戸建・マンション)・土地あるいは店舗・事務所などの不動産売却にお困りの場合、通常であれば不動産会社に出向いて細かい相談をしますよね?
インターネットが普及している現代では、不動産会社に出向かなくても査定から引き渡しまでインターネットで完了できます。
※愛知県の不動産売却/不動産買取はハウスボカンのネットでe売却(不動産売却のアップウィッシュ株式会社

依頼の方法は至って簡単です。
「ハウスボカンのネットでe売却」の査定フォームまたは電話で査定依頼を行うと、24時間以内に価格が提示されます。
その後、引き渡しまでは1カ月以内に行ってもらえます。
他の不動産会社は期間に不透明な部分が多く、引き渡し後も修理代を請求されることもあり、安心して取引ができません。
ハウスボカンなら引き渡し後に欠陥が見つかってもクレームは起こらないので安心です。

ハウスボカンの不動産売却では、古い建物でもトラブルのある建物でも基本的にはなんでも買い取ってもらえます。
取り壊すしか方法がないと思っていても売却できる可能性が残されているので、まずは査定依頼を出してみるといいでしょう。
仲介業者では買い手がつかない場合でも売却ができた方も多いので、状態や土地の形状などで悩む必要はありません。

Written by admin in: 未分類 |
12月
04
2013
0

不動産売却における必要書類。

不動産売却をするにあたって、さまざまな必要書類が交わされます。

いざ不動産売却をするときにもれのないよう、以下の項目をしっかりと読んで必要書類を把握しておいてくださいね!

●売り主本人の確認ができる書類

・身分証明書

・印鑑証明書

・住民票

ただし、物件が共同名義である場合は、共有者全員分の書類が必要になります。

また、住民票や印鑑証明書は発行されてから3か月以内のものでなければなりません。

何年も前の昔に取得したものは無効となるので、注意が必要です。

●登記に関する書類

・登記済権利書(登記識別情報)

法務局で交付してもらえる書類で、登記名義人でなければ発行してもらうことができません。

お手持ちの不動産に関して、間違いなくあなたが所有者であるということを証明してくれる重要書類となります。

この書類を買い主にわたし、移転登記を行うことで所有権がうつります。

●固定資産税に関する書類

・固定資産税納税通知書(固定資産税評価通知書)

固定資産税の納税額を確認するために必要な書類となります。

●土地に関する書類

・土地測量図

・協会確認書

土地、一戸建てを売買するときの必要書類です。

売却の対象となる土地に関することが記載されています。

Written by admin in: 不動産・賃貸情報 |