何でもマガジン
6月
08
2015
0

マンションらしい住みかたとは

家を購入するとなると、一戸建てかマンションかで分かれます。一戸建てを建てたいと思っても、注文住宅として一から計画をするのは大変ですし、希望を出せば出すだけお金がかかります。だったら建売でもいいか…という気持ちになりますが、隣接している家と似ている外観になってしまうので、一戸建てとはいえオリジナリティがなく集合住宅のようになってしまいます。

マンションは外観を気にする必要はなく、しかもセキュリティが万全で一戸建てよりも安全に暮らしやすいのでは、という理由から、最近は一戸建てにこだわらずマンションに住みたいという人が増えています。やはり一戸建てよりもメンテナンスが楽だとか、共有部の掃除は管理会社がしてくれるなど、手間なしで住める印象です。

レーベン南浦和http://www.leben-style.jp/search/lbn-minamiurawa/のサイトなのですが、南浦和に建つマンションで、始発駅という立地も好評です。始発だと座れるのが何より助かります。マンションでも太陽光発電を導入しているため、各世帯の電気料金負担を軽くしてくれるという、なんともありがたい設備です。自分で設置する一戸建てだと導入にお金がかかりますが、マンションならその必要はありません。

マンションにはマンションの住みやすさがありますね。

Written by admin in: 不動産・賃貸情報 |
9月
10
2014
0

新富町でマンションを探しているならグランスイート八丁堀

http://www.gs-hatchobori.com新富町は築地や銀座が近くにあり、生活していくうえで不便のない街です。交通のアクセスも集中していて通勤しやすいメリットがあります。子供を育てる環境がしっかりと整っているため、家族で安心して暮らすことができます。昼の人口は夜の人口に比べて5倍近くあり、昼はにぎやかだけど夜は静かに過ごすことができます。

そんな新富町のマンションの情報を知りたい人はこちらグランスイート八丁堀

グランスイート八丁堀では品質の高いマンションが揃っています。子供と一緒に暮らす場合はまずセキュリティ設備が充実していないと心配です。防犯カメラやオートロック設備、防犯センサーなどを装備しているため安全性の高い生活を送ることができます。

複層ガラスによる断熱効果は外気の影響を受けにくくし、室内温度が一定に保たれやすくなります。そのため夏は涼しさを保ち、冬は暖かさを逃がさないため電気代の節約もできます。他にもエネルギー効率を考えた作りで環境に優しいマンションになっています。

まずは資料を請求して最新の情報をつかんでみてください。設備情報や仕様についてより詳しく分かり、どんな住み心地なのか想像しやすくなります。都心での暮らしを楽しむために住まい探しは慎重に行っていきましょう。

Written by admin in: 不動産・賃貸情報 |
12月
24
2013
0

不動産売却はネットでできる!

今まで住んでいた家(戸建・マンション)・土地あるいは店舗・事務所などの不動産売却にお困りの場合、通常であれば不動産会社に出向いて細かい相談をしますよね?
インターネットが普及している現代では、不動産会社に出向かなくても査定から引き渡しまでインターネットで完了できます。
※愛知県の不動産売却/不動産買取はハウスボカンのネットでe売却(不動産売却のアップウィッシュ株式会社

依頼の方法は至って簡単です。
「ハウスボカンのネットでe売却」の査定フォームまたは電話で査定依頼を行うと、24時間以内に価格が提示されます。
その後、引き渡しまでは1カ月以内に行ってもらえます。
他の不動産会社は期間に不透明な部分が多く、引き渡し後も修理代を請求されることもあり、安心して取引ができません。
ハウスボカンなら引き渡し後に欠陥が見つかってもクレームは起こらないので安心です。

ハウスボカンの不動産売却では、古い建物でもトラブルのある建物でも基本的にはなんでも買い取ってもらえます。
取り壊すしか方法がないと思っていても売却できる可能性が残されているので、まずは査定依頼を出してみるといいでしょう。
仲介業者では買い手がつかない場合でも売却ができた方も多いので、状態や土地の形状などで悩む必要はありません。

Written by admin in: 未分類 |
12月
04
2013
0

不動産売却における必要書類。

不動産売却をするにあたって、さまざまな必要書類が交わされます。

いざ不動産売却をするときにもれのないよう、以下の項目をしっかりと読んで必要書類を把握しておいてくださいね!

●売り主本人の確認ができる書類

・身分証明書

・印鑑証明書

・住民票

ただし、物件が共同名義である場合は、共有者全員分の書類が必要になります。

また、住民票や印鑑証明書は発行されてから3か月以内のものでなければなりません。

何年も前の昔に取得したものは無効となるので、注意が必要です。

●登記に関する書類

・登記済権利書(登記識別情報)

法務局で交付してもらえる書類で、登記名義人でなければ発行してもらうことができません。

お手持ちの不動産に関して、間違いなくあなたが所有者であるということを証明してくれる重要書類となります。

この書類を買い主にわたし、移転登記を行うことで所有権がうつります。

●固定資産税に関する書類

・固定資産税納税通知書(固定資産税評価通知書)

固定資産税の納税額を確認するために必要な書類となります。

●土地に関する書類

・土地測量図

・協会確認書

土地、一戸建てを売買するときの必要書類です。

売却の対象となる土地に関することが記載されています。

Written by admin in: 不動産・賃貸情報 |